現在見られる葦毛湿原の自然

このページは、特に花の見られるシーズン(3〜12月)は随時 up-to-dateな情報を発信し、現在見られる葦毛湿原の様子を紹介します。
 文中の「散策路図」は、ここを見てください。
文末の<P.○○○>の数字は、「花かおる葦毛湿原」での掲載ページです。
なお、このページの画像は全て、取材当日にデジタルカメラで撮影したものです。

(2017/11/26の湿原風景)


【2017.11.26】
 イワタカンアオイが咲いています。
  センリョウなどの赤い実が目立ちます。

 湿原周辺の雑木林の中では、イワタカンアオイが咲いています。
画像のように地面に伏せるように花を咲かせるので、落ち葉を掻き分けての観察となります。
葦毛湿原では、イワタカンアオイの他にヒメカンアオイが自生しており、こちらも咲いています。
<P.98>

 湿原周辺の雑木林では、センリョウの赤い実が目立ちます。
他にも、マンリョウ、ソヨゴ、ミヤマシキミなど樹木の赤い実が目立ちます。
<P.94>

 その他、
●終盤の状態ですが、ホソバリンドウが咲いています。
●イズセンリョウが白い実をつけています。
ヌマガヤの穂が目立つようになりました。


2016年の観察記録
2017.01‾02 2017.03 2017.04 2017.05 2017.06 2017.07
2017.08 2017.09 2017.10 2017.11 2017.12


過去の観察記録はこちら
 過去の「4.現在見られる葦毛湿原の自然」のデータ(1996年より)が月毎に閲覧できます。


GO HOME PAGE