現在見られる葦毛湿原の自然

このページは、特に花の見られるシーズン(3〜12月)は随時 up-to-dateな情報を発信し、現在見られる葦毛湿原の様子を紹介します。
 文中の「散策路図」は、ここを見てください。
文末の<P.○○○>の数字は、「花かおる葦毛湿原」での掲載ページです。
なお、このページの画像は全て、取材当日にデジタルカメラで撮影したものです。

(2017/07/30の湿原風景)


【2017.07.30】
 サギソウが咲き始めました。
  ノリウツギが咲いています。

 「散策路図」の7番付近では、サギソウが咲き始めました。
花のピークは、暑さが盛りと8月上旬頃で、徐々に花数が増え湿原のあちこちで見られるようになります。
<P.68>

 湿原内のあちこちで、ノリウツギが咲いています。
和紙を漉くときの糊料を作るのに、この樹皮を用いたことから名がついています。
<P.60>

 その他、
ミズギク、ノカンゾウ、ミカヅキグサミミカキグサムラサキミミカキグサホザキノミミカキグサなどが咲いています。
モウセンゴケトウカイコモウセンゴケなどが咲いています。


2016年の観察記録
2017.01‾02 2017.03 2017.04 2017.05 2017.06 2017.07
2017.08 2017.09 2017.10 2017.11 2017.12


過去の観察記録はこちら
 過去の「4.現在見られる葦毛湿原の自然」のデータ(1996年より)が月毎に閲覧できます。


GO HOME PAGE