現在見られる葦毛湿原の自然

このページは、特に花の見られるシーズン(3〜12月)は随時 up-to-dateな情報を発信し、現在見られる葦毛湿原の様子を紹介します。
 文中の「散策路図」は、ここを見てください。
文末の<P.○○○>の数字は、「花かおる葦毛湿原」での掲載ページです。
なお、このページの画像は全て、取材当日にデジタルカメラで撮影したものです。

(2018/09/16の湿原風景)


【2018.09.16】
 シラタマホシクサが咲いています。
 サワシロギクが咲いています。

 湿原のあちこちでシラタマホシクサ咲いています。
盛りはやや過ぎたものの9月末までは十分に楽しめます。
昔のような大きな群落は無くなってしまいましたが、大規模植生回復作業のおかげでシラタマホシクサの面積は着実に増えています。やがて、昔のような大きな群落ができると思われます。
<P.73>

 湿原のあちこちでサワシロギクが咲いています。
6月頃に開花の早い個体を見ることもありますが、今が花の盛りであり湿原のあちこちで見られます。
<P.73>

 その他、
ノリウツギミズギボウシミミカキグサなどが咲いています。
サワヒヨドリキセルアザミイワショウブなどが咲き、ヌマガヤの穂が目立つなど湿原は完全に秋の様子になりました。


2018年の観察記録
2018.01‾02 2018.03 2018.04 2018.05 2018.06 2018.07
2018.08 2018.09 2018.10 2018.11 2018.12


過去の観察記録はこちら
 過去の「4.現在見られる葦毛湿原の自然」のデータ(1996年より)が月毎に閲覧できます。


GO HOME PAGE