現在見られる葦毛湿原の自然

このページは、特に花の見られるシーズン(3〜12月)は随時 up-to-dateな情報を発信し、現在見られる葦毛湿原の様子を紹介します。
 文中の「散策路図」は、ここを見てください。
文末の<P.○○○>の数字は、「花かおる葦毛湿原」での掲載ページです。
なお、このページの画像は全て、取材当日にデジタルカメラで撮影したものです。

(2019/03/24の湿原風景)


【2019.03.24】
 ハルリンドウが咲き始めました。
 マキノスミレが咲き始めました。

 「散策路図」の6番あたりでは、ハルリンドウが咲き始めました。
今年の開花は早く、もう少し暖かくなると湿原のあちこちで見られるようになります。
ハルリンドウは陽の光に敏感で、曇りや雨の日は花は閉じてしまいます。
<P.23>

 湿原周辺の雑木林の縁では、マキノスミレが咲き始めました。
湿原近くでは、ほかにもタチツボスミレニオイタチツボスミレが咲いています。
<P.16>

 その他、
ショウジョウバカマは盛りを過ぎ、花茎が伸びてしまったものが多くなっています。


2019年の観察記録
2019.01‾02 2019.03 2019.04 2019.05 2019.06 2019.07
2019.08 2019.09 2019.10 2019.11 2019.12


過去の観察記録はこちら
 過去の「4.現在見られる葦毛湿原の自然」のデータ(1996年より)が月毎に閲覧できます。


GO HOME PAGE